継続雇用制度を利用して働く

トップページ>このページ

継続雇用制度とは

高年齢者等の雇用の安定等に関する法律(高年齢者雇用安定法)により、65歳未満の定年を定めている会社等は、希望者全員を65歳まで継続雇用することが義務付けられています。

再雇用制度とは

継続雇用制度の代表的なものが「再雇用制度」です。これは会社等で定年年齢に達した労働者に対し、一旦は退職させたうえで、新たに雇用契約を結ぶものです。

再雇用制度とはどのようなものか

給料低下を補てんする高年齢雇用継続基本給付金