カテゴリー
介護

サービス付き高齢者向け住宅

トップページ介護について施設サービスの種類>このページ

サービス付き高齢者向け住宅とは

サービス付き高齢者向け住宅とは、高齢者向けに施設面やソフト面の条件を満たした賃貸住宅のことです。バリアフリーの賃貸住宅に相談員が常駐しているというイメージです。

居室等の条件

専用部分の床面積は、25平方メートル以上が基準です。共同スペースがある場合は18平方メートル以上となっています。

台所、水洗便所、収納設備、洗面設備、浴室は専用部分にあるのが原則です。住宅によっては台所、収納設備、浴室を共同にしているところもあります。

設計の基本は、段差のない床、手すりの設置、廊下幅の確保等、バリアフリーの構造となっています。

ケアの専門家が少なくとも日中は常駐して、安否確認サービスと生活相談サービスを提供します。

契約の形態

賃貸借方式の契約と利用権方式の契約があります。

支払う料金は、原則として敷金、家賃、サービスの対価のみです。

入院等で長期不在になる場合、契約を継続することは可能ですが、入院しても食費以外の月額利用料は発生します。

介護保険との関係

そのサービス付き高齢者向け住宅が、特定施設入居者生活介護に指定されていれば一日あたり定額の利用料を払います。特定施設入居者生活介護の指定を受けていない場合には、外部の在宅介護サービスを利用する形となり、ケアプランに合わせた介護保険サービスを利用し、使った分について自己負担額を負担します。

退去

いつでも申し出て退去することができます。

サービス付き高齢者向け住宅は、介護施設ではないので、介護度が重くなって、訪問介護で対応できない状態になってくると、生活するのは難しくなります。

日常生活

基本は賃貸契約なので、通常のアパートやマンションに入居しているように利用できます。面会や外出は自由です。台所もあるので自分で調理することもできます。

共有スペースでの飲酒や喫煙は禁止されているところが多いようです。ペットも禁止のところが多いです。可能なところもあるので、入居前に確認しましょう。