カテゴリー
定年

70歳から74歳までの健康保険

トップページ健康保険について>このページ

後期高齢者医療制度に入る前

70歳から74歳までの方は健康保険の扱いが違います。基本的に窓口での自己負担額が2割負担になります。

国民健康保険に加入している70~74歳の人には、「国民健康保険高齢受給者証」が交付されます。

協会けんぽの健康保険も、ほぼ同じ扱いです。

国民健康保険の手続き等は市区町村によって扱いが異なる場合があります。詳細については窓口へ問い合わせてください。

「国民健康保険高齢受給者証」は、健康保険被保険者証に一体化されているので、提出するのは、健康保険被保険者証だけです。

70歳になる誕生月の翌月(誕生日が1日の方は誕生月)から使用することができます。

70~74歳の自己負担割合は下記のとおりとなります。

区分
自己負担割合
①現役並み所得者 3割
①以外で誕生日が昭和19年4月2日以降の人 2割
①以外で誕生日が昭和19年4月1日以前の人 1割

現役並み所得者とは、住民税の課税所得が145万円以上である70~74歳以上の国保加入者がいる世帯に属する人を現役並み所得者といい、自己負担割合が3割となります。
ただし、70~74歳の国保加入者の合計収入額が下表の条件を満たす場合は、申請によって自己負担割合が1割(平成24年4月以降は2割)になります。

70~74歳の国保加入者の人数
同左の合計収入額
1人 383万円未満
2人 520万円未満

383万円以上の場合でも、同一世帯に国民健康保険から後期高齢者医療制度に移行した人がいて、その人との合計収入額が520万円未満である場合は、申請により自己負担割合が1割(平成24年4月以降は2割)になります。

自己負担割合は前年(1月~12月)の収入をもとにして判定されます。

医療費の支払いが一定の額を超える場合は、高額療養費制度があります。
医療費がかさんだ時は高額療養費制度