介護についてはどこに相談すればよいのですか?

トップページ介護について>このページ

いろいろな相談先

市区町村の介護保険の担当窓口

介護についての一般的な総合窓口としては、市区町村の介護保険の担当窓口があります。「介護保険課」「高齢福祉課」など市区町村によって名称は異なりますが、受付で介護保険についてといえば教えてもらえます。

市区町村の窓口では、介護保険の制度について聞くことができます。いろいろなパンフレットをもらうことができます。

ただし、介護保険の担当課は、介護の現場ではないので、じゃどうすればよいか、という具体的なことには弱いようです。

地域包括支援センター

具体的な手助けを必要としているときは、地域包括センターに行きましょう。

場所は「住んでいる市区町村名」と「地域包括支援センター」で検索するとでてきます。おおむね、一つの中学校の学区に一つという形で設置されているようです。

地域包括支援センターは、それぞれの地域包括支援センターが担当する地域が決まっています。つまり、住民からすると、訪問するべき地域包括支援センターが決まっているということです。

地域包括支援センターに行くときは、なるべく事前に電話をかけ、どういう相談に行くか内容を伝えて、時間の予約をとりましょう。

困っていることや聞きたいことのメモを作って行きましょう。思いつくままに話すと、話しがあちこちに飛んで、肝心な話しを忘れることがあります。

身近な高齢者が目に見えて衰えてくると、誰でも混乱します。分からない者どうしで頭を突き合わせても前に進みません。分からない状態であればあるほど、すぐに地域包括支援センターに、駆け付けた方が良いでしょう。

特に認知症が疑われる症状がでている場合は、介護保険の介護サービスを必要とする段階であることがほとんどです。

精神科の受診も必要だと思われますが、同時に介護サービスを利用について地域包括支援センターに相談しましょう。手をこまねいていると家族の負担が増すばかりです。

地域包括支援センターは、介護に関する総合相談や支援事業のほかに、成年後見制度の活用促進や高齢者虐待への対応などもおこなっています。

要支援の認定を受けたときは、地域包括支援センターのケアマネジャーが介護プランを作ってくれます。

受診している病院

通院などで医療機関を受診していると、話しのなりゆきで介護についても医師に相談することがあります。医師は必ずしも介護に詳しいわけではありませんが、いろいろなケースを見てきているので、アドバイスしてくれることもあると思います。

また、大きい病院には医療ソーシャルワーカーがいて相談にのってくれます。

居宅介護支援事業所

要支援1・2だと地域包括支援センターにいるケアマネジャーがケアプランを作ります。

要介護1~5の場合は、居宅介護支援事業所のケアマネジャーにケアプランを作ってもらいます。

また、居宅介護支援事業所は、要介護認定の申請をしようという段階からでもサポートしてくれます。

近くの老人施設

要介護3以上だと施設入所も選択肢にはいります。近くに老人施設があれば見学がてら相談に行ってみましょう。施設には相談員がいて対応してくれます。