カテゴリー
定年

再就職で給料が下がったら高年齢再就職給付金

トップページ定年前後にやるべきこと再就職する人が知っておくべきこと>このページ

高年齢再就職給付金

高年齢再就職給付金は、

60歳以降に再就職して、再就職先の賃金が60歳当時の賃金の75%未満に低下した場合に支給される給付金です。

加入期間が5年以上必要です

支給条件をまとめると次の通りです。

□60歳以上65歳未満で再就職した一般被保険者であること
□60歳到達まで、通算5年以上雇用保険の一般被保険者であったこと
□再就職する前に雇用保険の基本手当等を受給し、その受給期間内に再就職した場合
□再就職した日の前日までの基本手当の支給残日数が100日以上あること
□再就職の際に再就職手当を受給していないこと

最大で新しい給料の15%を受給できる

高年齢再就職給付金の支給額を計算するには、まず、賃金の低下率を求めます。

低下率(%)=支給対象月に支払われた賃金額÷60歳到達時点の賃金月額×100

賃金の低下率が61%以下の場合は、支給対象月に支払われた賃金額の15%が支給されます。

低下率が61超~75%未満の場合は、15%から少しずつ比例的に減少し、低下率75%のところで支給額がゼロになります。

計算式は、

支給額=(-183÷280×支給対象月に支払われた賃金額)+(137.25÷280×賃金月額)

となります。

受給期間は1年または2年

基本手当の残日数が200日以上であれば、被保険者となった翌日から2年支給されます。

基本手当の残日数が100日~200日未満であれば、被保険者となった翌日から1年支給されます。

支給月数が残っていても、65歳に達した月で支給が終了します。

受給手続き

高年齢雇用継続給付受給資格確認票(初回)を、新しい勤務先の会社がハローワークに提出します。

受給資格を認められると、会社宛てに受給資格確認通知書(または、受給資格否認通知書)が送られてきます。通知に記載された支給日に給付額が振り込まれます。

その後、2ヶ月に一度申請をします。都度、条件を満たしているか審査されます。

老齢年金をもらっていれば支給調整される

高年齢雇用継続給付を受給して、さらに老齢年金(在職老齢年金)を受給していると、老齢年金が最大で6%減額されます。

再就職したときは高齢年齢再就職給付金か再就職手当

基本手当を3分の1以上残して就職が決まったときは、残日数の50%または40%の再就職手当をもらう権利も生じます。

ただし、再就職手当をもらってしまうと高年齢再就職給付金はもらえません。受給額を比較しどちらかを選択します。