カテゴリー
相続 遺言

子供がいない夫婦の相続は妻に全額ではない

トップページ相続について>このページ

全部妻が相続できるという思い込みは危険

自分達には子供がいないから、亡くなった後の財産は全部妻にいくだろう、という思い込みは危険です。

子がいない夫婦の相続は、次のようなパターンになります。

1.親が健在なら親が3分の1、配偶者が3分の2を相続。

2.親は既にいない場合で、兄弟姉妹がいれば兄弟姉妹に4分の1、配偶者が4分の3を相続。

上の2の場合、兄弟姉妹で亡くなった人がいれば、その子、つまり、甥や姪に権利が引き継がれます。

つまり、親も兄弟も甥も姪もいない場合だけ、配偶者が全てを相続することができます。兄弟や甥や姪にも相応に相続させたいなら構いませんが、配偶者に全部相続させたいと思う人も多いでしょう。

その場合は、きちんと遺言を残しましょう。兄弟姉妹および、甥や姪には遺留分がないので、遺言が優先し、配偶者に全部残すことができます。(親が存命であれば、親には遺留分があるので、遺言を残しても遺留分に限っては請求されると認めざるを得なくなります。)

遺留分について

ただし、正式な遺言でないとせっかく書いても効力を発揮できないことがあります。法律上、遺言と認められる遺言書を書きましょう。

遺言について

甥や姪の代に移っていると遠方にいることが多く、音信がない場合もあります。また、相続人になった兄弟姉妹や甥姪の一人でも遺産分割協議に非協力的で、なかなかハンコを押してくれないこともあります。いずれの場合も、夫名義の預金がいつまでも凍結されたままになりとても困ることになります。

いずれ妻も後を追う

なお、首尾よく妻に全部相続させることができたとして、その後に問題が生じることがあります。

残った妻が亡くなったとき、子が無いのですから、妻が所有している財産は、妻が亡くなったときは、妻の兄弟または甥姪に行きます。先に亡くなった夫の兄弟甥姪には全く残りません。

先に亡くなった夫が、親から引き継いだ財産を多く持っている(例えば長男ということで家屋敷を受けついていた場合)などの場合、夫側の親戚が不満を言う事があります。

財産だけでなく、墓や先祖祭祀の問題がからむ場合もあります。妻が、自分の兄弟だけに譲るのは心苦しいと思うのであれば、やはり遺言を残す必要があります。