養護老人ホーム

トップページ社会保障制度の知識介護について施設サービスの種類>このページ

養護老人ホームとは

養護老人ホームは、経済的な理由や、身体上または精神上の理由、家庭環境の理由により、自宅での生活が困難な高齢者が利用できる施設です。

特別養護老人ホームと名前が似ていますが、特別養護老人ホームは介護施設、養護老人ホームは福祉施設です。養護老人ホームは、比較的、自立した生活が可能な方を対象とする、社会福祉法に基づく福祉施設です。

養護老人ホームは原則として重介護の方は入居できませんが、介護サービス提供事業者(訪問介護・訪問看護・通所介護・訪問入浴・訪問リハビリなど)と委託契約を結ぶことにより、介護保険の居宅サービス利用が可能です。

養護老人ホームは、市町村又は社会福祉法人が設置し運営しています。厚生労働省によれば、平成26年10月時点で952施設あります。

入所要件

原則として次のような経済的要件、環境上の理由及び経済的理由等の要件を満たす方が、市区町村に申請して審査を受け、措置入所の決定があれば入所できます。審査のハードルは結構高いと言われています。

□ 65歳以上の者が属する世帯が生活保護を受けているとき。
□ その世帯の生計中心者が市町村民税を課税されていないか、均等割のみ課税されているとき。
□ 災害等のため、65歳以上の者が属する世帯の生活の状態が困窮していると認められる場合。
□ 心身上の障がいのため、日常生活を送ることが困難であり、世話をしてくれる人がいないとき。
□ 家族などとの折り合いが悪く、老人の心身を害するとき。
□ 住む所がなかったり、住まいがあっても極めて環境が悪いとき。

提供されるサービス

施設によって異なりますが、日常生活の基本的なサポートや健康管理、社会復帰・生活向上のための助言や指導などが受けられます。

イベント、クラブ活動、地域交流を積極的に行う施設も多くあります。

入所の相談・手続等

窓口は市区町村の高齢者担当課です。

入所を希望する場合は、市区町村に申請し審査を受けなければなりません。審査の結果、却下になることもあります。

また、入所決定となった場合でも養護老人ホームに空きがない場合は、待機者となり、入所順番がこないと入所できません。

入所後は、措置の基準に適合しなくなった場合、入院等が3ヶ月以上にわたる場合、介護保険法に基づく施設サービスの利用が可能になった場合などにより、措置を廃止し、退所しなければならなくなる場合があります。