カテゴリー
相続

配偶者の居住権

トップページ相続について>このページ

このページは、終身適用される配偶者居住権の解説です。短期的に居住権を確保する、配偶者短期居住権については次のページをごらんください。
配偶者短期居住権

配偶者居住権とは

配偶者居住権とは、夫(又は妻)が亡くなって相続が発生した際に、配偶者が自宅に住む権利を保護するための制度です。

相続の際の財産の分け方によって、配偶者が家に住んでいられなくなることを回避するための制度です。

配偶者居住権は、配偶者の終身の権利です。亡くなれば権利は無くなりますが、亡くなるまで居住権を失ないません。

同居していなくても被相続人の財産に属した建物に相続開始時に無償で居住していた場合には、居住建物について無償で使用する権利を取得することができます。

ただし、被相続人が相続開始の時に居住建物を配偶者以外の者と共有していた場合には認められません。

配偶者居住権は、遺言や遺産分割協議、家庭裁判所の審判等によって取得することができます。つまり、一定の手続きを踏まなければなりません。

配偶者居住権の登記

配偶者居住権は登記が必要です。法務局で、居住権を設定する登記手続きを行う必要があります。

登記の条件としては、

① 遺産分割によって配偶者居住権を取得するものとされた場合
② 配偶者居住権が遺贈の目的とされた場合、

のどちらかに該当することが必要です。

遺産分割の協議で承認された場合と、遺言があった場合です。

遺言が無く、遺産分割協議でも認めてもらえなかった場合は、家庭裁判所に対して配偶者居住権の取得を希望する旨を申し出る必要があります。

遺産分割協議で配偶者居住権を得ても、登記をしないままにしていると、新しい所有者が勝手に売却してしまうかもしれません。必ず登記をしましょう。

厚労省のパンフレット