配偶者への自宅贈与を遺産分割対象から除外

トップページ贈与について>このページ

夫婦生活20年で居住用不動産の生前贈与等は遺産分割の対象外

通常の遺産分割は、夫が亡くなり、配偶者である妻と子どもが相続人の場合、妻が2分の1を相続し、残り2分の1を子どもの人数で分けます。

この場合、居住用の土地・建物も遺産分割の対象になるので、遺産分割のために住居の売却を余儀なくされることもあります。

平成30年の民法改正で、夫婦の婚姻期間が20年以上のときは、居住用不動産の生前贈与等は遺産分割の対象外とすることになりました。

この制度を利用するには、配偶者に住居を生前贈与するか、遺言で贈与の意思を示す必要があります。

婚姻期間が20年未満の夫婦や、意思表示がなく被相続人が亡くなった場合は対象外になります。

この他に、居住財産の贈与については、20年以上連れ添った配偶者が贈与を受けた場合の税制上の特典があります。

不動産を贈与したときの配偶者控除