介護タクシーについて

トップページ社会保障制度の知識介護について介護サービスの種類訪問介護>このページ

介護タクシーとは

訪問介護サービスの1つに「通院等のための乗車または降車の介助」があり、このサービスを行うタクシーを「介護タクシー」や「介護保険タクシー」と呼んでいます。したがって、「介護タクシー」は通称で、法律上の名称ではありません。

一般的に、介護の資格を持った運転手が乗務し、介助行為ができるタクシーを「介護タクシー」と呼んでいます。

介護保険のサービスの中から介護タクシーを探しても、介護タクシーという項目が見つからないことがあります。訪問介護サービスの一部として位置付けられているためです。

介護タクシーを利用できる人は、自宅または有料老人ホーム、ケアハウスなどで生活していて、1人でバスなどの公共交通機関に乗ることができない要介護1~5の人です。要支援の人は利用できません。

介護タクシーに使用される車両は、車いすやストレッチャーのまま乗車できる車両が用いられます。一般のタクシーと同様のセダン車を使用していることもあります。

ケアプランに組み込まなければならない

介護保険で定められた利用範囲であれば、ケアプランに組み込むことで介護保険が適用されます。利用前に必ず担当のケアマネジャーに相談してください。

介護保険が適用される範囲

介護保険適用となるのは「日常生活上または社会生活上必要な行為に伴う外出」に利用する場合です。具体的には下記のような場合です。

・受診、リハビリ等のための通院
・補装具・補聴器・メガネなど本人でなければならない調整や買い物
・預金の引き下ろし
・選挙投票、公共機関における日常生活に必要な申請や届け出など

このように限定されているので、通常の買い物や、趣味の外出、仕事などで利用すると介護保険が適用されません。

具体的な利用目的はケアプランに記載します。

介護タクシーで受けられる介助は

介護タクシーを利用すると具体的には次のような介助を受けることができます。

【外出するとき】

自宅などに迎えに行き、着替えなどを手伝います。ベッドなどからタクシーまでの移動や乗車を介助して、火の元を確認、施錠して出発します。

【目的地に到着したとき】

車からの降車介助と、目的地での移動をサポートします。通院の場合は受診科まで付き添い、会計や薬の受け取りも手伝います。その他の病院内での介助は病院のスタッフが行います。

【帰宅したとき】

降車し、自宅に入り、ベッドに移るまで付き添い介助します。必要があれば着替えを手伝ったり、おむつ交換を行ったりすることもあります。

このように、介護タクシーは移動と介助の包括的なサービスである点が特徴です。介助を必要とせず、車両への乗降を運転手が見守るだけでよい場合はこのサービスを利用できないので注意しましょう。

以上の介助はケアマネジャーが作成するケアプランによって決まります。上記の介助が全部行われるわけではありませんし、その他の介助が含まれることもあります。

また、原則として家族が同乗することができません。

介護タクシーの料金

介護タクシーの料金は「タクシーの運賃+介助料+車いすや寝台などの介護機器レンタル料金」で構成されています。

このうち介護保険が適用されるのは介助料のみで、タクシーの運賃には介護保険が適用されないため、全額自己負担となります。車椅子・寝台のまま乗車できる大型車両の場合は、その分料金は高くなります。また、通常のタクシーと同じく迎車料金と待機料金がかかりますが、これらも自己負担です。車いすなどの介護器具をレンタルした場合、その費用も全額実費となります。

介助料の部分は、どういう介助が必要かによって料金が異なります。

保険外の介護タクシーの利用

以上説明したように、介護保険適用の介護タクシーは、外出目的や利用条件に制約があるため、使いにくいところがあります。

通常の買い物や行楽等に利用したい場合は、全額自己負担になりますが、保険適用外で利用することができます。

その場合は、介護タクシー事業者、または福祉タクシーの事業者に直接申し込みます。

福祉タクシーは、あくまでも目的地までの車移動をサポートするだけで、介助は行いませんが、体が自由に動かない人の外出を支援するためのサービスなので、介護タクシーと同様に、車椅子のまま乗車できる車両が用意されているのが一般的です。

申込みの際は、車いすなどで乗り込めるか、付き添いの有無や人数、本人の病気や体の状態、医療機器の取り扱い、階段や段差などの状況などについて伝えて、事前に料金の見積もりをしてもらいましょう。