カテゴリー
遺言

遺言執行者に指名されたら

トップページ遺言について遺言執行者について>このページ

遺言執行者とは

遺言執行者とは、遺言書の内容を実現させるために、遺言書の中で指定される人です。

遺言の内容によっては遺言執行者がいなければならない場合があります。

また、必須でなくても、遺言執行者がいれば遺言書に書かれた内容をスムーズに実現できることがあります。

遺言執行者

ある人の遺言書の遺言執行者となっていることについては、通常はその人が亡くなる前に本人から知らされていると思います。

しかし、なかには突然遺言執行者に指名されていることを知る場合もあると思います。

遺言執行者を辞退することもできます。

ただし、遺言執行者を必要とする遺言の場合は、新たな遺言執行者の選任を裁判所に請求しなければならなくなり、相当の手間と時間を費やすことになります。

故人が頼りにして指名したのですから、できるだけ引き受けましょう。

遺言執行者の仕事

遺言執行者を引き受ける場合は、以下のことを迅速に進めなければなりません。

就任通知書を作成します。

相続人の確定を行います。

相続財産目録を作成します。

そして、以上の、就任通知書、相続人一覧、相続財産目録、遺言書の写しを相続人全員に送付します。

他に、次の仕事が加わることがあります。

遺言に認知や相続人の排除またはその取り消しの記載があった場合の対応、

遺贈の記載があった場合の対応、

不動産登記の手続き、

など。

これらの作業は、慣れない人には大変困難です。お金はかかりますが、弁護士、司法書士等の専門家の手を借りた方がよいでしょう。

費用は相続財産から出すことができます。

遺言執行者の報酬は、被相続人の遺言書に報酬に関する記載があればそれに従います。

遺言書に報酬に関する記載がない場合は、遺言執行者が家庭裁判所へ申立てを行い報酬額を決定してもらいます。