終身建物賃貸借制度

トップページ介護について老人施設の種類>このページ

終身建物賃貸借制度とは

終身建物賃貸借制度は、高齢者が死亡するまで住み続けられることで入居する高齢者にとって安心感があり、

不動産所有者にとっては賃借権が相続人に相続されないため、相続人に賃借権が移るリスクがない、

というメリットを持つ制度ですが、

都道府県知事の認可を受ける基準が、添付書類の多さ、バリアフリー等の建物の構造条件など、ハードルが高く、制度を利用しているのは「サービス付き高齢者向け住宅」が大半という現状があり、対応する法改正もされていますが、あまり普及していません。