カテゴリー
相続

配偶者短期居住権

配偶者短期居住権とは

配偶者短期居住権とは、相続開始から少しの間、被相続人が所有していた建物に無償で住んでいた配偶者が引き続き居住できる権利です。

遺産分割が成立するまで、あるいは自宅不動産の権利者が確定したときに、残された配偶者が住宅をすぐに追われるということがないように定められた権利です。

短期居住権は登記の必要はありません。

居住が認められる期間は、

1.遺産分割によって誰に所有権があるか確定する日
2.相続開始から6ヶ月

の、いずれかの遅い日までです。

この期間、認められる権利は、基本的には住むだけです。ひとまず住み続けることができるという権利です。

建物に住宅部分と店舗部分があるような場合には、居住権は住宅部分にだけ認められるので、店舗部分を自動的に使用することはできません。

また、短期居住権で住んでい建物の一部を賃貸して収益を得ることは認められません。

終身の居住権

短期居住権とは別に、配偶者居住権というものがあります。この権利を得た配偶者は、亡くなるまで居住権を失いません。

配偶者居住権

トップページ相続について配偶者居住権>このページ