カテゴリー
介護

地域密着型サービスは市区町村によって異なります

トップページ介護について>このページ

地域密着型サービスとは

住み慣れた地域での生活を支えるサービスです。住民票がある市区町村で利用できます。地域包括支援センターが窓口です。

地域密着型サービスは、サービス内容なども、地域の実情に合わせて市区町村ごとに決めることが可能です。そのため、市区町村によって受けられるサービスに違いがあります。下は一つの例です。

夜間対応型訪問介護

夜間に、定期的な巡回や利用者からの連絡に応じて随時ホームヘルパーが家庭を訪問し、入浴や食事、日常生活の世話などを行います。要支援1.2は利用できません。

介護予防認知症対応型通所介護・認知症対応型通所介護介

認知症の方を対象に、デイサービスセンター等で入浴や食事、日常生活の世話、機能訓練などを日帰りで行います。

介護予防小規模多機能型居宅介護・小規模多機能型居宅介護

サービス拠点への「通い」を中心に、随時「訪問」や「泊まり」を組み合わせて、入浴や食事、日常生活の世話や機能訓練などを行います。

介護予防認知症対応型共同生活介護・認知症対応型共同生活介護

認知症のため介護を必要とする方が少人数で共同生活を営む住居(グループホーム)で入浴や食事、日常生活の世話などを行います。介護予防認知症対応型共同生活介護は、要支援1の方は利用できません。

認知症対応型共同生活介護

地域密着型特定施設入居者生活介護

入居者が29名以下である有料老人ホームやケアハウスにおいて、入所している要介護者に、食事、入浴等の日常生活のお世話や機能訓練などを行います。要支援1.2は利用できません。

地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護

入所者が29名以下である地域密着型介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)において、入所している要介護者に、食事、入浴等の日常生活のお世話や機能訓練などを行います。要支援1.2は利用できません。

定期巡回・随時対応型訪問介護看護

定期的な巡回により、ホームヘルパーによる食事や日常生活の世話、看護師によるじょくそうの処置や点滴の管理などを行うほか、利用者からの連絡により対応・訪問など24時間の随時対応を行います。要支援1.2は利用できません。

看護小規模多機能型居宅介護(複合型サービス)

小規模多機能型居宅介護のサービスに加え、必要に応じて看護師が「通い」「泊まり」時のたんの吸引や経管栄養、家庭への「訪問」時にじょくそうの処置や点滴の管理などを行います。要支援1.2は利用できません。