居宅サービスは在宅介護のための介護サービスです

トップページ介護について>このページ

在宅介護は高齢者が住み慣れた自宅や地域社会のなかで生活できるので、できるなら在宅で介護されることを希望する高齢者が多いとされています。

一方、在宅介護は家族や身内の負担が大きくなることは否定できません。

介護期間が長くなれば精神的にも肉体的にも負担が積み重なります。

担当ケアマネジャー等の専門スタッフとの意思疎通をよくして状況の変化にすばやく対応していく必要があります。

在宅介護で受けられる居宅サービスを説明します。

居宅介護支援

居宅介護支援(ケアマネジメント)とは、介護を必要としている人が適切な支援を受けられるよう、各種介護サービスに関する手続きを代行してくれるサービスです。

要介護1~5の認定を受けている人がサービスの対象で、利用者は介護支援についての知識が豊富な介護支援専門員(ケアマネジャー)に相談し、本人の希望や環境に合わせたケアプランを決定していきます。

居宅介護支援は、ケアマネジャーさんが介護認定申請のお手伝いやケアプランの作成などを行うサービスです。このサービスは利用者の自己負担がありません。

居宅介護支援

在宅サービス

要介護認定を受けた人が、ケアプランにもとづいて利用します。

要支援1・2に適用されるサービスには、サービス名称に「介護予防」がつきます。

訪問介護(ホームヘルプサービス)

ホームヘルパーが家庭を訪問して身体介護や生活援助を行います。要支援1・2は、介護予防・生活支援サービス事業へ移行しました。

介護予防・生活支援サービス事業 訪問介護

介護予防訪問入浴介護・訪問入浴介護

浴槽を積んだ移動入浴車で家庭を訪問し、入浴の介助を行います。

訪問入浴介護

介護予防訪問看護・訪問看護

医師の指示に基づいて看護師等が家庭を訪問し、医療的な処置や看護等を行います。

訪問看護

介護予防訪問リハビリテーション・訪問リハビリテーション

医師の指示に基づいて理学療法士や作業療法士等が家庭を訪問し、リハビリテーションを行います。

訪問リハビリテーション

介護予防居宅療養管理指導・居宅療養管理指導

医師、歯科医師、看護師、薬剤師、歯科衛生士等が家庭を訪問し療養上の管理や指導を行います。

居宅療養管理指導

通所介護(デイサービス)

デイサービスセンター等で入浴や食事、日常生活の世話、機能訓練などを日帰りで行います。要支援1・2は、介護予防・生活支援サービス事業へ移行しました。

介護予防・生活支援サービス事業 通所介護

介護予防通所リハビリテーション(デイケア)・通所リハビリテーション(デイケア)

老人保健施設・病院等で理学療法士や作業療法士等によるリハビリテーションなどを日帰りで行います。

通所リハビリテーション

介護予防短期入所生活介護・介護予防短期入所療養介護(ショートステイ)

一時的に家族の方が介護できない場合など、特別養護老人ホーム・老人保健施設等で短期間のお世話を行います。

短期入所生活介護 短期入所療養介護

介護予防特定施設入居者生活介護・特定施設入居者生活介護

入居者が30名以上の有料老人ホームやケアハウスなどにおいて、入所している要介護者に、食事、入浴等の日常生活のお世話や機能訓練などを行います。

特定施設入居者生活介護

介護予防福祉用具貸与(4種類)・福祉用具貸与(13種類)

日常動作を助けたり、機能訓練をしたりするための福祉用具を貸し出します。

福祉用具貸与

特定介護予防福祉用具購入(5種類)・特定福祉用具購入(5種類)

排泄や入浴等に必要な福祉用具を購入した場合に、購入費の9割分(一定以上の所得がある方は8割または7割分)を支給します(購入費は年間10万円上限)

特定福祉用具購入

介護予防住宅改修費・住宅改修費

家庭内での安全を確保したり、介護者の負担を軽減したりするために住居を改修した場合に、その費用の9割分(一定以上の所得がある方は8割または7割分)を支給します(改修費用は現住所につき20万円上限)

住宅改修費