施設サービスは老人施設に入居するサービスです

トップページ社会保障制度の知識介護について>このページ

施設サービスとは

施設サービスは、老人施設に入居して受ける介護サービスです。

本人のためには自宅で介護できれば一番ですが、自宅での介護が長期間になったり、認知症が進んでくると、介護者の負担が増えすぎて共倒れになるリスクが高まります。共倒れにならないための選択肢の一つが施設への入居です。

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

寝たきりや認知症の方に対して、介護職員などが、食事・入浴・介護・機能訓練等のお世話をします。
原則として、要介護3~5の方が対象となります。
要介護1.2の方は、特例入所の要件に該当する場合のみ入所することができます。
介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

介護老人保健施設(老人保健施設)

寝たきりや認知症等で看護や介護を必要とする方に対して、リハビリテーション等の医療ケアと生活サービスを一体的に提供し、家庭への復帰を支援します。
要介護1.2の方は利用できません。
介護老人保健施設(老人保健施設)

介護療養型医療施設

長期にわたる療養が必要な方に対して、医学的な管理の下で介護や機能訓練、その他の必要な医療並びに日常生活の介護を一体的に行います。要介護1.2の方は利用できません。
介護療養型医療施設

いろいろな高齢者施設

介護保険施設以外にも高齢者が入居できる施設等があります。

軽費老人ホーム

養護老人ホーム

有料老人ホーム

サービス付き高齢者向け住宅

終身建物賃貸制度

介護保険にもとづく施設ではありませんが、条件を満たせば、介護保険の特定施設入居者生活介護を利用できます。

介護保険の特定施設入居者生活介護