カテゴリー
相続

相続放棄と連帯保証

借金が多いときは相続放棄

財産よりも借金が多ければ、相続放棄をすることで借金の相続から逃れることができます。同時に財産も受け取れなくなりますが、それは我慢しなければなりません。

相続放棄

相続放棄しても連帯保証は消えない

しかし、たとえば、子が亡くなった親の借金の連帯保証人になっていた場合、子は相続放棄をしてもしなくても借金の支払い義務を負うことになります。

お金を貸していた債権者は、連帯保証人に支払いを請求することができるからです。

相続放棄と連帯保証債務は別なのです。

連帯保証人になっていれば、親に限らずこういう可能性があります。連帯保証人は怖いですから、不義理しても回避するのが一番です。

自分に非が無い(厳密に言えばハンコを押した非があるわけですが)のに破産とか、やりきれません。

トップページ相続について>このページ