財産目録の作成

トップページ終活について>このページ

財産目録は、エンディングノートの記載事項の一つです。

財産目録を作成する

土地や家屋などの不動産をはじめ、預金口座、有価証券、貴金属、不動産の書類、年金関係の書類、ローンの書類、自家用車の書類、自動車保険や火災保険など、生命保険、クレジットカード(ETC含む)など、すべてリストアップしましょう。

不動産について

不動産については、「登記事項証明書」「固定資産税・都市計画税納付書」「名寄帳兼課税台帳」を準備して、分かりやすくファイルしておきましょう。

不動産の境界についても、写真などを用いてなるべく分かりやすくしておきましょう。隣地の所有者が分かっていれば、連絡先、その他注意するべき事項を欠き残しておきましょう。

借金のリストは重要です。自分の借金でなくても他人の連帯保証をしている場合は、しっかりとリストアップしましょう。隠しておくと、相続した家族が大きな迷惑を被ることにあります。

預金や有価証券などについて

預金や有価証券などについては、どこに口座を持っているという一覧表を作りましょう。

特にネットバンクやネット証券などは、通帳などの紙の書類が手元にないことが多く、また、銀行等からの連絡も郵送でなくメールが使われることが多いので、一覧表がなければ相続人が存在に気付かないこともあります。

ネットバンク等の場合は、会社名、支店名、口座番号、口座名義だけでなくIDも記載しておきましょう。各社とのやりとりがスムーズになります。

ハンコ、キャッシュカードやクレジットカード、その暗証番号、ネットバンキング等のパスワードは、記載してもあまり意味がありません。

預金が凍結されるのでハンコや暗証番号、パスワードは意味が無くなるからです。

凍結されなくても亡くなった人の預金等を引き出すのは違法です。遺言書の開封や、遺産分割協議などの正規の手続きを経て、銀行等への解約手続きに進むことになります。

銀行等の死亡解約においてはハンコや暗証番号等は必要ありません。ネットバンク等においても、解約の手続きはログインして行うのではなく、ホームページからメールで、あるいは電話で亡くなった旨の連絡して、銀行等の指示により必要書類を整えることになります。

エンディングノートだけでなく遺言書も

財産の処分について希望があるときは、エンディングノートに書くだけでなく、正式な遺言書を作成するのがよいでしょう。

遺言について