カテゴリー
介護

要介護判定の仕組み

介護の必要性とは

要介護度は、介護サービスの必要性であって、症状の重さではありません。

ですから、症状が重くても介護サービスの必要性が低いと認定されたり、その逆の認定を受けることもあります。

例えば、認知症が進行しているけれども身体状況が比較的良好であれば、徘徊などの問題行動のために介護を必要とする時間が増えます。

逆に、身体状況が悪くなって寝たきりになれば、徘徊などの問題行動は少ないため、介護を必要とする時間は比較的少なくなります。

この介護サービスの必要度の判定は、コンピュータによる一次判定と、それをもとにして保健医療福祉の学識経験者が行う二次判定の二段階で行っています。

一次判定のコンピュータシステム

一次判定のコンピュータシステムは、いろいろな項目を調査し、それぞれの高齢者を分類してゆき、「1分間タイムスタディ・データ」の中からその心身の状況が最も近い高齢者のデータを探しだして、そのデータから要介護認定等基準時間を推計するシステムです。

5分野(直接生活介助、間接生活介助、BPSD関連行為、機能訓練関連行為、医療関連行為)について、要介護認定等基準時間を算出し、その時間と認知症加算の合計を基に要支援1~要介護5に判定されます。

「1分間タイムスタディ・データ」とは、介護老人福祉施設や介護療養型医療施設等の施設に入所・入院している3,500人の高齢者について、48時間にわたり、どのような介護サービスがどれ位の時間にわたって行われたかを調べて作成されたものです。

このようにして算出された「要介護認定等基準時間」によって要介護認定が決まります。他に認知症加算もあります。

要介護区分と要介護認定等基準時間

要支援1 要介護認定等基準時間が25分以上32分未満又はこれに相当すると認められる状態

要支援2・要介護1 要介護認定等基準時間が32分以上50分未満又はこれに相当すると認められる状態

要介護2 要介護認定等基準時間が50分以上70分未満又はこれに相当すると認められる状態

要介護3 要介護認定等基準時間が70分以上90分未満又はこれに相当すると認められる状態

要介護4 要介護認定等基準時間が90分以上110分未満又はこれに相当すると認められる状態

要介護5 要介護認定等基準時間が110分以上又はこれに相当すると認められる状態(世帯)

ですから、こういう状態であれば介護度は〇ですね、というのは、あくまでも専門家が経験値から得た予測であって、認定結果と異なることがあるのです。

とは言っても、こういう状態であればという目安があれば分かりやすいので、目安の一つを紹介します。

要介護区分とその目安

要支援1 
生活の中で、身の回りの世話の一部に手助けが必要な状態。
掃除など、立ち上がり時になんらかの支えを必要とする時がある。
排泄や食事はほとんど自分でできる。

要支援2
要支援1の状態から能力が低下し、日常生活動で何らかの支援又は部分的な介護が必要となる状態。

要介護1
みだしなみや掃除などの身の回りの世話に、手助けが必要。立ち上がり、歩行、移動の動作に支えが必要とするときがある。
排泄や食事はほとんど自分でできる。
問題行動や理解の低下がみられることがある。
日常生活はほぼ1人でできる。

要介護2
みだしなみや掃除など身の回りの世話の全般に助けが必要。
立ち上がりや歩行、移動になんらかの支えが必要。
排泄や食事に見守りや手助けが必要なときがある。
問題行動や理解の低下がみられることがある。
日常生活のなかの動作に部分的に介護が必要。
排泄や食事に見守りや手助けが必要なときがある。
問題行動や理解の低下がみられることがある。
日常生活のなかの動作に部分的に介護が必要。

要介護3
みだしなみや掃除など身の回りの世話、立ち上がりなどの動作がひとりでできない。
歩行や移動などを一人でできないことがある。
排泄が自分でできない。いくつかの問題行動や理解の低下がみられることがある。
日常生活の動作の中でほぼ全面的に介護が必要。

要介護4
みだしなみや掃除など、立ち上がり、歩行などがほとんどできない。
排泄がほとんどできない。
多くの問題行動や全般的な理解の低下がみられることがある
介護なしでは日常生活が困難。

要介護5
みだしなみや掃除など、立ち上がり、歩行や排せつ、食事がほとんどできない。
多くの問題行動や全般的な理解の低下がみられることがある。
ほぼ寝たきりの状態に近い。
介護なしでは日常生活が送れない。

トップページ年金制度のポイント介護について要介護認定の申請と判定>このページ