カテゴリー
相続

死後認知の訴え

トップページ遺言について遺言による子の認知>このページ

死亡後の認知手続き

認知していないうちに亡くなってしまうこともあります。

秘密にしていても遺言があれば遺言書に基づいて認知の手続きをすることができます。
遺言による子の認知

もし、遺言書も無ければ、どうにもならないのでしょうか?

実は、そうした場合は「死後認知の訴え」という手続きが残されています。

死後認知の訴えは家庭裁判所に裁判を提起します。具体的な手続きは弁護士に依頼するのが一般的です。

難しいのは親子関係の確認です。

通常、認知の訴えで親子関係を確かめるためには、DNA鑑定を行います。

遺族の非協力などでDNA鑑定ができないときは、親子関係を立証する直接間接の証拠を集めなければなりません。

親子関係が認められれば、相続人として認められます。