相続欠落について

相続欠格とは

法定の相続人であっても相続ができない場合があります。一つは「相続欠落」です。これは、相続を許すべきでないと考えられる重大な不正・非行をした者に相続させないものです。

相続欠落に当たる場合

次の場合が相続欠格に該当します。

1.被相続人や相続について先順位または同順位にあるものを、故意に殺しまたは殺そうとしたために、刑に処せられた者。

2.被相続人が殺されたことを知りながら、それを告訴・告発しなかった者。

3.詐欺や強迫によって、被相続人が相続に関する遺言をしたり取消し・変更するのを妨げた者。

4.詐欺や強迫によって、被相続人に相続に関する遺言をさせたり取消し・変更させた者。

5.相続に関する被相続人の遺言書を偽造・変造したり、破棄・隠匿した者。

トップページ相続について法定相続人について>このページ