相続財産とはなにか

相続財産とは

相続財産とは、相続開始時に被相続人(亡くなった人)の財産に属した一切の権利義務(権利と義務)のうち、相続や遺贈(被相続人の遺言によってその財産を移転すること)により相続人や受遺者(遺贈により財産を取得する人)が承継する財産のことです。

これを簡単に言うと、相続財産とは、相続の対象となる財産のことです。相続財産を遺産ということもあります。

プラスの相続財産

「亡くなった人の財産に属した一切の権利義務」と先述しましたが、この権利の部分が「プラスの財産」です。

具体的には、次のようなものがあります。

宅地、農地、山林、建物、借地権、借家権

現金、預貯金、有価証券、配当金、貸付金、売掛金

自動車、家財、貴金属、書画骨董

ゴルフ会員権、慰謝料請求権、損害賠償請求権

未登記の建物や、家族名義・他人名義の預貯金等であっても、実質的に被相続人に帰属する財産は、相続財産に含まれます。

マイナスの財産

「亡くなった人の財産に属した一切の権利義務」と先述しましたが、この義務の部分が「マイナスの財産」です。

具体的には、次のようなものがあります。

借金、連帯保証

未払いの所得税と住民税、固定資産税など

未払い分の家賃と地代、未払いの慰謝料、損害賠償金など

相続財産に含まれない財産

一身に専属した権利義務

被相続人が残した相続財産の中で、相続人に受け継がれない相続財産があります。被相続人の一身に専属した権利義務は、相続財産に含まれません。「一身に専属」というのは、ほかの人に移転しない性質をもつということです。違う言い方をすると、被相続人本人でないと目的が達成されない権利です。

例えば、次のようなものがあります。

会社の社長の地位、国家資格による職業、生活保護受給、公営住宅使用、親権、罰金など

一身専属権は難しいものもあるので、具体的には専門家に相談した方が良いでしょう。

その他の相続財産に含まれない財産

香典、受取人指定方法による生命保険、死亡退職金、遺族年金など

生命保険金は相続人の間で分けなければならないのか

トップページ相続について相続財産の調査>このページ