カテゴリー
遺言

遺言書の一部はパソコンで作ってよい

トップページ遺言について自筆証書遺言>このページ

財産目録の部分はパソコン作成可

自筆証書遺言は気軽に書ける半面、書き方の不備があれば無効になるので、気をつかうし作成の時間がかかります。

無効になってしまう遺言書

自筆証書遺言は原則として自書しなければならないことになっており、自書はあくまでも自分の手で書くことで、パソコン等からプリントアウトしたものは自書とは認められないので、そのような遺言書は無効になってしまいます。

しかし、一部についてはパソコン等による作成が認められています。

財産目録の部分です。

民法第968条(抜粋)
自筆証書にこれと一体のものとして相続財産の全部又は一部の目録を添付する場合には、その目録については、自書することを要しない。

相続や遺贈をさせる財産に関しての記述部分を別紙という扱いで財産目録とする場合、その別紙をパソコン等で作成することが可能です。

また、財産目録をパソコン等で作成しなくても、預金通帳のコピーや不動産の登記事項証明書等を添付して添付して、別紙の相続財産リストとすることも認められます。

複数の不動産などを所有している人や多くの金融機関で預貯金や株式を持っていたりする人は、自筆証書遺言がだいぶ楽になります。

注意しなければならないことは、パソコン等やコピーの添付で作った財産目録は、全てのページに本人の署名と押印が必要です。これを怠ると、遺言書そのものが無効になる可能性があります。用紙の両面にデータが印字されている場合は紙の両面に署名と押印が必要です。