家族葬のこと

トップページ葬儀について>このページ

葬式は簡素化の傾向がある

自分の葬式はなるべく簡素にやってほしいと思う人が増えています。そのように遺言で言い残す人もいます。

簡素でというのは、残された家族に負担をかけたくないという気持ちからのことが多いようです。

ただ、死んだ後の後始末は家族が行うので、本人が思っている通りにはならないかもしれません。

葬式をやるなと言い残してもやるかもしれませんし、逆にやってもらいたいと希望していたとしても、やってもらえない場合もあるかもしれません。

こういうことは遺族の考えとそのときの事情次第です。

家族葬

さて、一般的に簡素な葬式というと「家族葬」です。

家族葬は、必ずしも家族だけで葬儀を行うということではなく、家族と特に故人を親しかった親族や友人だけで行う、規模の小さな葬儀のことです。

密葬と似ていますが、密葬の方がより身内だけでやります。

広く案内をしないで、個別に案内をされた人だけが集まる葬儀になります。

規模が小さいだけで、宗教的儀式を省略するということではないので、仏式であれば僧侶に読経をお願いして葬儀を行います。

家族葬にする場合、後でもめることがあるので、どこまでの範囲に連絡をとるか慎重に決めなければなりません。

また、後から死亡を知って自宅に弔問に訪れる人もいるので、その時の応対をどうするか、香典返しはどうするか、などを考えておく必要があります。