カテゴリー
相続

路線価から土地の評価額を計算する

路線価に面積を掛ける

土地の価格には、公示価格、基準地価、固定資産税評価額などの指標がありますが、相続税の計算にあたっては、「相続税評価額」を用います。

路線価から土地の評価額を計算する

市街地にある土地は、「路線価」を使います。

路線価は、国税庁のホームページに掲載されています。この資料は税務署にも置いてあります。

路線価が、例えば500であれば、1平方メートルあたりの土地の価格が500千円であることを示しています。仮に、土地の面積が200平方メートルであれば、土地の相続税評価額は概算で

500千円×200平方メートル=1億円

となります。

特例の適用や土地の状態によって補正します

大都市では、相続税を課税される金額になってしまうことが多いようです。

もし、同居して生計をともにしている親族がその土地を取得する場合には「小規模宅地等の特例」が適用され、土地の課税評価額の80%が減額されます。

上記の例のケースだと、土地の課税評価額は2千万円になります。

その他の現金預金と併せて、遺産総額は相続税の基礎控除額の3600万円(相続人一人の場合)に収まれば相続税は課税されず、相続税の申告も不要です。

また小規模宅地等の特例もあります。ただし、上記の特例はいつ変更されるかわかりません。

また、土地が角地にあるか、二方向で道路と接しているか、土地の形状や道路との接し方がどうなっているかなど、他の条件を加味して計算しなければなりません。素人が計算できるのはあくまでも目安だと考えて、正確な相続税評価額を得るには、税理士や不動産鑑定士などに依頼しましょう。

トップページ相続について相続税について>このページ