カテゴリー
相続

死因贈与について

トップページ相続について>このページ

死因贈与とは

死因贈与は、生前に被相続人が財産を渡す相手を「契約」によって決めている贈与です。

似たような贈与に、遺贈というものがありますが、遺贈の方は「遺言書」で財産を渡す相手を決める贈与です。

遺贈について

書面契約が望ましい

贈与する人と贈与を受ける人の間で、贈与契約を結ぶ必要があります。

契約行為なので、書面が無く口頭だけの約束であっても、契約の事実を証明できれば有効です。

ただし、口頭約束はなかなか証明が難しいので、一般的には、契約書を作成し、署名捺印して双方で保管します。念のために公正証書による契約にすることもあります。

負担付き死因贈与

死因贈与は、負担付死因贈与という形をとることができます。これが死因贈与を選択する大きな動機になるようです。

負担付き死因贈与とは、贈与する代わりに、何らかの義務や負担を課していいる贈与です。生活の面倒や介護をしてもらう約束が多いです。