老後の健康保険はどうなるか?

トップページ社会保障制度の知識>このページ

わが国では、ゼロ歳から亡くなるまで、全ての人が何らかの健康保険の適用を受けなければなりません。

定年になって無職になれば、健康保険の任意継続をするか、誰かの被扶養者になるか、国民健康保険に加入するかの3択から選択しなけれなりません。

もう少し詳しく→健康保険の選択肢

どの健康保険に加入しても、窓口での支払いが3割など、基本部分は大きく変わるものではありません。ただし、健康保険組合からの独自給付は会社にいる間しか受けられません。また、保険給付に関係なく、定年という第二の人生のスタートにあたって、健康チェックが必要です。

もう少し詳しく→退職前に受診しよう

70歳になれば、国民健康保険高齢受給者証が交付され、給付の割合が変わります。収入に応じて2割負担、1割負担の場合があります。

もう少し詳しく→70歳から74歳までの健康保険

75歳になれば全ての人が後期高齢者医療制度に加入することになります。健康保険の被扶養者もになっている人も被扶養から外れなければなりません。

もう少し詳しく→75歳からの健康保険

一定の金額を超える分は戻ってきます。手続きをすれば超えた分は窓口での一時払いが不要です。一定の金額は所得によって異なります。これは高齢者に特定した制度ではありませんが、高齢になって病気がちになったときはありがたい制度です。

もう少し詳しく→高額療養費制度