カテゴリー
ブログ

騙されないと思ってはいけない

トップページブログ記事>このページ

前に「訪問販売がきても出ません」ということを書きました。

私が警戒心が強いのは、若いころの失敗があるからです。

恥ずかしいのでまだ誰にも話したことがありません。

物は背広です。もう50年も前のことです。まだ背広を持っていない若いころです。当時は工員だったので、普段はジャンパーで通し、職場では作業着でした。

背広を着る機会などなかったのですが、いつ必要になるかわからんし、そのうち買わなければと思っていたところでした。

会社からの帰り、車が停まって立派な背広を着たオヤジが降りてきました。

道を聞くのかと思ったら、そのオヤジは、配達の途中だがちょっと現金が必要になったので返品された服を譲りたいという話をしてきました。

怪しいとは思ったのです。でも、安く背広が手に入るかもしれないという欲がありました。なので、その人の容姿、話し方、などを吟味しました。私にはどう見て立派な紳士に見えました。信用できるような気がしました。

運の悪いことに、たまたま財布に1万円札が入っていました。

1万円と引き換えた背広を持って、商店街の洗濯屋に行きました。作業服の繕いもしてもらっていたので、すそ上げを頼みに行ったのです。

「引っかかったなあ~、アハハ」と大笑いされました。

こっちも照れ笑いするしかなかった。いや恥ずかしいのなんの。

いい勉強になりました。それ以来、その類の話しにも、別なサギにも引っかかったことはありません。

サギを見破る目が肥えたわけではありません。うまい話しが道端に落ちているわけがないことを学んだので、うまい話しを避けるようになったのです。話を聞かないのが一番の対策です。聞く前に断るのが一番です。

相手は騙しで飯を食っている、いわばプロです。対してこっちはど素人です。聞いてしまえばほぼ負けるでしょう。

現に、よく考えたうえで引っかかったのですから。