カテゴリー
定年

付加保険料を納めていれば付加年金を受け取れます

トップページ老齢年金のあらまし>このページ

付加年金とは

付加年金とは、通常の国民年金保険料に加えて、月額400円の付加保険料を納めることで、65歳以降に、納めた月数に200円をかけた分の付加年金を受給できる制度です。

コストとリターンをみてみます

例えば、40年間(480月)付加保険料を納付した場合は、40年間で支払う付加保険料の総額は、400円×480月=192,000円になります。

一方、65歳以降に受け取れる付加年金の受給額は、200円×480月=96,000円になります。こちらは年額です。

なので、75歳の時点では、付加年金の受給累計額は960,000円になります。もっと長生きすればさらにお得です。

元手は192,000円です。

ちなみに、損益分岐点は2年です。2年受給すればこれまでに納付した保険料の元が取れます。

ただし、年金全般に言えることですが、年金の受給が始まるときに生きていないと納めた付加年金の意味がありません。

付加保険料を納付できるのは第1号被保険者だけです

この制度を利用できるのは、自営業者などの国民年金の第1号被保険者だけで、会社勤務等の厚生年金被保険者である第2号被保険者やその配偶者の第3号被保険者は利用できません。

国民年金の免除を受けている人は付加保険料を納付できません。

国民年金基金に加入している人は付加年金を納付できません。