カテゴリー
定年

老齢年金を受け取る時期を遅くすれば年金が増える

トップページ老齢年金のあらまし>このページ

受給時期を繰下げすれば大きく増やすことができる

老齢年金の受給開始は原則として65歳からです。

老齢年金の繰下げというのは、65歳で受け取らず受給開始を先送りすることです。70歳受給開始まで先送りすることができます。

先送りするほど受給金額が大きくなります。月に0.7%増えます。一年では8.4%、最大で5年先送りできるので、70歳受給開始だと0.7×60ヶ月で42%増やすことができます。

利回りからすればすごくお得な制度ですが、最初のころは受け取っていないので、早く死んでしまっては元がとれません。長生きすればするほどお得になる制度です。

受給の繰り下げによる受給開始年齢は、最長で70歳からになっていますが、2022年4月からは最長で75歳からになります。75歳から受け取るとすれば、基準である65歳開始と比べて受け取り年金額が84%増える計算になります。

65歳以降の年金に適用

繰下げ制度は65歳から受給できる老齢年金が対象です。65歳前に受給する特別支給の老齢厚生年金には、この繰り下げ制度はありません。受け取らずにがまんしても増えません。受給資格を得たらすぐに請求してください。

繰下げと在職老齢年金の関係

在職老齢年金の制度が適用されて減額された部分の老齢厚生年金は繰下げ受給の対象になりません。
繰下げと在職老齢年金の関係