老齢基礎年金の振替加算

振替加算とはなにか

妻が60歳になり妻自身の老齢基礎年金が受給されることになると、夫の老齢厚生年金についていた加給年金が打ち切られます。(妻夫が逆の場合もあります。)

加給年金が打ち切られた後、金額は少なくなりますが、配偶者の老齢基礎年金に上乗せされる給付が振替加算です。振替加算は加給年金と違って生涯受け取ることができます。

なお、配偶者の加給年金額の対象となっていたすべての人が受け取れるのではなく、以下の3つの条件があります。
1.大正15年4月2日から昭和41年4月1日までの間に生まれていること
2.老齢厚生年金や退職共済年金を受けている場合、加入期間が併せて240月未満であること
3.昭和26年4月1日以前生まれの人は、厚生年金保険の35歳以降の加入期間が一定以内であること。

【支給額】

例えば、昭和28年4月2日から29年4月1日に誕生日がある人は年額62,860円、年齢が若くなるごとに減額され、昭和41年4月2日生まれ以後の方はゼロとなります。

【手続き】

年金の裁定請求書に「配偶者の年金証書の基礎年金番号・年金コード、配偶者の氏名および生年月日」を記入することで自動的に加算されます。記載の不備がないように注意が必要です。

【レアケース】

65歳より後に老齢基礎年金を受給できるようになった場合は、振替加算の対象になる人がいます。また、加給年金の対象者でなくても、65歳より後に老齢基礎年金の受給権を得た人は振替加算の対象になる人がいます。もしかすると、該当するかもしれません。振替加算がついていない人は年金機構にご確認ください。

トップページ社会保障制度の知識老齢年金について>このページ