カテゴリー
定年

ねんきん定期便

トップページ老齢年金のあらまし>このページ

ねんきん定期便を確認しよう

老齢基礎年金と老齢厚生の受給見込額は、毎年ねんきん定期便という葉書形式のお知らせが届きます。誕生日の頃です。また、35歳、45歳、59歳の誕生日には、封書でいつもより詳しいお知らせが届きます。

50歳未満と50歳以上

ねんきん定期便は、50歳未満の人と50歳以上の人とでは記載内容が違います。

50歳以上の人には、「老齢年金の見込額」が記載されています。つまり、このまま60歳まで同じ条件で年金に加入し続けたなら、「いくら年金が受け取れるのか?」「自分の場合は何歳から年金が受け取れるのか?」が記載されています。

50歳未満の人にくるねんきん定期便には「老齢年金の見込額」の記載がありません。書かれているのは「加入実績に応じた年金額」です。これを見て、「えっ、たったこれだけなの?」と早合点してしまうこともありますが、これは、将来もらえる年金額ではなく、現時点でもらうとすれば(できないのですが)こうだという金額です。

ねんきん定期便に記載がない年金もある

ねんきん定期便には、次のような年金は載っていないので注意が必要です。

加給年金
振替加算
・厚生年金基金の代行部分など

受給資格期間を確認する

受給資格期間は120月(10年)以上なければ、原則として老齢年金を受け取ることができません。

他にも、遺族年金に関係する25年、加給年金や振替加算に関係する厚生年金だけで20年など、受給資格期間によって大きな違いがでることがあるので、10年あれば安心というわけではありません。

年金加入歴を確認する

せっかく年金の加入履歴を送ってくれるのですから、一度は正しいかどうか確認しましょう。

つまり、年金記録に間違いがないかチェックするのです。

自分の、これまでの勤務履歴を振り返りましょう。何年何月からどこに勤務して、いつ辞めて、次の会社は何年何月から勤務して・・・・・・、と正確に振り返るのです。記憶だけに頼らず、できるだけ、昔の記録を探し出して正確な自分の履歴書を作ってください。それができると、ねんきん定期便との突合が楽に進みます。

加入していたはずだけれども記録がもれているという期間がでてきたら、年金事務所に出向いて確認してもらいましょう。そのためのねんきん定期便です。

会社を退職して専業主婦になったときに手続きを忘れていた。夫が退職して自営業になったときに専業主婦の妻が第1号被保険者に切り替えていなかったなどいうケースもあります。

ネットでも調べられます

インターネットが出来る方であれば、年金機構がやっている年金ネットは毎月情報を更新しているので、より最新の数字をみることができ、また、ネットならではの機能があるので便利です。

封書での詳細版が届かない年齢の方でも、すべての期間の年金加入記録を参照できるほか、年金受け取り年齢を繰り上げた場合や、転職・退職した場合など、さまざまな条件に応じた年金見込額を試算することができます。

この「ねんきんネット」を利用する際にはユーザーIDが必要ですが、「ねんきん定期便」に記載されている加入者ごとの「アクセスキー」を使って、ユーザーIDを発行してもらうことができます。なお、アクセスキーには有効期限があるので注意してください。

ねんきん定期便の記載内容が腑に落ちない、読み方が分からない、などの場合は、年金事務所に行って相談なさるのがよいと思います。