ケアプランを作成する

トップページ社会保障制度の知識介護について>このページ

介護認定されたらケアプランをつくる

要介護1〜5と認定された場合

民間事業者である「居宅介護支援事業所」にケアプランの作成を依頼します。依頼を受けると、居宅支援介護事業所からケアマネジャーが自宅を訪問します。

ケアマネジャーは利用者と話し合い、利用者の心身の状況や生活環境などを把握し課題を分析します。

そのうえで、利用者の力を引き出せるような介護サービスを提案し、利用者や家族と一緒に検討します。介護サービスの担当者も話し合いに参加することもあります。

話し合いを経て、ケアマネジャーが、どのような介護サービスをどのくらい受けるかを盛り込んだ介護の計画を作ります。これがケアプランです。

ケアプランは自分で作成しても構いませんが、専門知識を有するケアマネジャーに作成を依頼する方法が一般的です。ケアプランの作成料は介護保険が全部負担するので、利用者の負担はありません。

要介護認定を申請するところからケアマネジャーに依頼することが多いようです。その場合は、ケアマネジャーは利用者の状態を把握済みなので、スムーズにケアプランを作成することができます。

要支援1・2と認定された場合

地域包括支援センターか、地域包括支援センターから委託を受けた介護予防支援事業者にケアプランの作成を依頼します。地域包括支援センターの名称は地域により異なることがあります。

地域包括支援センターなどから、ケアマネジャーが自宅を訪問します。以下のながれは、要介護1〜5と同様です。

介護サービスを受ける

ケアプランにもとづいて、訪問介護や訪問看護などの介護保険サービスを行う事業者と契約して、その提供される居宅介護サービスを利用します。施設サービスを利用する場合は、居宅サービスを受けることはできず、その施設のケアマネジャーが介護サービス計画を作成します。

施設への入所を希望する場合は、直接、施設に申し込みます。市区町村によっては、その市区町村内の施設の申込みを受け付けているところもあります。

ケアプランが決まったら市区町村へ「居宅サービス計画・介護予防サービス計画作成依頼届出書」を提出します。事業者を変更するときにも同じ手続きが必要です。これらの手続きはケアマネジャーが行います。

サービスを受けるには、サービスを提供する事業者と契約する必要があります。

ケアマネジャーは、サービス開始後も利用者宅を定期的に訪問します。さらにサービス事業者にも継続的に連絡を取り、提供するサービスに不都合がないかをチェックして、ケアプランが最適なものになるよう努めます。

ケアマネジャーは介護の専門家ですが利用者の状態をいつも見ているわけではありません。ケアマネジャーと面談するときは、できるだけ具体的に利用者の状況を伝えましょう。