認定結果が自立の場合

トップページ介護について>このページ

自立でも利用できるサービスがある

要介護認定の判定結果が「非該当」となった場合は、介護などを必要としない状態であり、自立していると認定されたことになるので、介護保険の介護サービスは受けられません。

この場合、とても非該当とは思えない、認定が間違っているのでないかという場合は、不服の申し立てをすることができます。

さて、非該当に若干の不満はあれども、現在の状態をみればやむを得ないかと思える場合は、非該当の通知は、健康であるというお墨付きでもあるので、まずは喜ぶべき状態です。

ただし、あくまでも高齢であるのですから、これで安心というものではなく、その状態を維持し、できればさらに改善することに努めることで、より健康な生活を長く続けることができます。

そこで、非該当の方に対しても、介護予防のためのなんらかのサービスが提供されることが必要であるとされ、各市町村により各種の施策が実施されています。各市町村のホームページにサービス内容が記載されています。