カテゴリー
介護

介護の専門職

トップページ介護について>このページ

介護に携わる人の資格

介護にはいろいろな専門職の方が関与しています。どのような専門職の人がどのような仕事をしているのか、予備知識を持てば、話し合いもスムーズになります。

ケアマネジャー

ケアマネジャーは、介護支援専門員といいます。居宅サービス事業所や高齢者施設で、ケアプランを作成し、連絡調整を行う職種です。介護支援専門員は、保健・医療・福祉の各種専門資格及び実務経験を有する者の中から養成することになっているので、まず、これらの資格を取得し、5年間(資格によっては10年間)の実務経験を積んで、さらに研修を受けて試験に合格しています。

介護福祉士

介護福祉士は、身体や精神の障害があることにより日常生活を営むことに支障がある人の入浴、排泄、食事など生活上必要な介護を行い、また介護に関する指導を行う専門職の国家資格です。

介護職実務研修

かつての、ホームヘルパー1級と介護職員基礎研修が廃止されて、介護職員実務者研修に一本化された形になっています。介護福祉士の受験資格でもあります。

介護職員初任者研修

旧ホームヘルパー2級です。介護職の入り口に位置する研修と位置づけられています。

理学療法士

理学療法士は、何らかの原因で身体の機能に障害をもった人に、筋力の増強などの運動療法、温熱・電気などを使った物理療法を中心に施し、日常生活を送るうえでの基本的な動作能力の回復を図る仕事です。 文部科学大臣が指定した学校などにおいて3年以上、必要な知識及び技能を学び、国家試験に合格しています。

作業療法士

作業療法士は、何らかの原因で身体の機能に障害をもった人に、工作や手芸などの作業、生活動作の訓練などを通じて、機能の回復や機能低下の予防を図る仕事です。文部科学大臣が指定した学校などにおいて3年以上、必要な知識及び技能を修得し、国家試験に合格しています。

社会福祉士

社会福祉士は、身体や精神の障害あるいは環境上の理由などにより日常生活を営むことに支障がある人の福祉に関する相談援助を行う専門職の国家資格です。いわゆるソーシャルワーカーなる場合の資格の一つです。