カテゴリー
成年後見

成年後見人になれる人

トップページ成年後見について>このページ

裁判所が決定する

成年後見人等になるために、特に資格は必要ありません。申し立てを受けた家庭裁判所が総合的に判断して決定します。

実際には本人の親族がなることが多いですが、弁護士などの専門家が選ばれることもあります。

申立人が希望する人が選任されるとは限りません。

後見人が行う後見事務を監督するため、後見人だけでなく監督人が選任されることもあります。

いったん後見人が決まってしまえば、選任された人に不満があっても、親族等であっても不服申立てができません。

専門家が選ばれた場合は報酬が必要ですが、報酬は家庭裁判所が決めて本人の財産から支払われます。報酬が支払われるのは、後見が終わって(亡くなって)からになります。