カテゴリー
成年後見

後見人がつくとどうなるか

トップページ成年後見について>このページ

変わるところ

まず、後見開始の審判があると契約書にハンを押すことができません。ですから、高額な商品の売り買いができなくなります。もし、本人が同意の上で契約書にハンを押しても、後見人等が取り消しの意思表示を行うだけで、その契約は無効になります。

印鑑登録ができなくなります。

医師、税理士等の資格や会社役員、公務員等の地位を失います。補助の場合は資格制限はありません。

2019年6月に成年後見制度適正化法が成立し、資格や地位が自動的に失われる「欠格条項」は削除されました。それにより、心身の故障について、それぞれの法律に基づいて個別に審査し、各制度ごとに必要な能力の有無を判断されます。

変わらないところ

スーパーでお肉やお魚を買ったり、お店で洋服や靴を買ったりするような日常生活に必要な範囲の行為は本人が自由にすることができます。

禁治産等と言っていた時代には戸籍に記載されていましたが、後見、保佐、補助は本人の戸籍には記載されません。

後見関係については、法務局に登記され、関係者だけが登記事項証明書を入手することができます。

後見登記制度について