カテゴリー
相続

代襲相続について

トップページ相続について>このページ

代襲相続とは

代襲相続とは相続人になるはずだった人が、相続開始以前に死亡していた場合に、法定相続人の子や孫が代わって相続することです。

たとえば、父親が死亡したときに、法定相続人である長男が父親より先に亡くなっていた場合には、その長男に子ども(被相続人の孫)がいれば、その孫が代襲相続によって相続人になります。

代襲相続人の法定相続分は、親が受けとる分と同じになります。代襲相続人が複数いる場合には、代襲相続人の人数で均等分割します。

代襲相続の範囲

被相続人の子どもや孫、ひ孫などの直系卑属は代襲相続人になることができます。

被相続人より先に子どもも孫も亡くなっていた場合は、ひ孫が代襲相続によって法定相続人になることができます。

兄弟姉妹の子どもである甥や姪も代襲相続人になることができます。兄弟姉妹がすでに死亡し、そこに子ども(被相続人から見た甥や姪)がいたら、その甥や姪が法定相続人となります。兄弟姉妹の代襲相続は一代限りで、甥姪の子がさらに代襲相続することはできません。

被相続人より親が先に亡くなっていたときは、祖父母がいれば父母に代わって祖父母が相続人になります。このケースは代襲相続とは言いませんが代襲相続と同じです。祖父母の相続は、さらに曾祖父母につながります。

代襲相続は、相続欠格や廃除で、相続人が相続権を失った場合にも適用されます。ただし、相続放棄をした人の子には、代襲相続権はありません。

代襲相続は対象が多数になることも

代襲相続は、ときとして対象者が多数になることがあります。

例えば、亡くなった人に子どもがおらず、親もすでに他界し、兄弟がたくさんいたがこれもすべて他界しているケースです。

甥姪すべてが代襲相続人になります。各地に散らばっているケースが多く、付き合いが途絶えてることも多いので、遺産分割協議が容易ではありません。亡くなった人が、全てを妻にやりたいと望んでいたとしても、遺言がはっきりしていなければ、法定相続人の同意が必要だからです。

きちんとした遺言を残しておくべきケースです。

遺言について