カテゴリー
相続

遺産分割協議について

トップページ相続について>このページ

遺産分割協議とは

遺産分割協議とは、相続人達が残された遺産の分割について話し合うことです。

法定相続人

いつまでに、という期限はありませんが、全員が同意してその内容を書面にしないと遺産相続を進めることができません。1人でも反対する相続人がいれば遺産分割協議は成立しません。

遺産分割協議書の作成

話し合った内容を、遺産分割協議書という書面にします。

登記等の手続きも関連するので、書面は司法書士等の専門家に依頼するのが一般的です。

遺言があれば遺言書に沿って分割しますが、相続人と受遺者の全員が一致すれば、遺言に従わずに、遺産分割協議により相続人の相続割合を決めることができます。

遺言書

また、相続人が一致すれば、法定相続分で相続する必要もありません。誰が何を相続するか話し合いで決めることができます。

法定相続人と法定相続分

遺産分割協議が整い、遺産分割協議書に全員が押印すると、遺産分割協議書を添付して預金の払い出しや不動産の登記ができるようになります。

話し合いがまとまらないとき

相続人間で話し合いがつかない場合、遺産分割協議をいつまでにしなければならないという法律上の決まりがないので、ずるずると先延ばしになりがちです。

しかし、時間をかければ解決するというものではありません。

家庭裁判所に遺産分割調停を申し出てた方がよいでしょう。

調停をしてもまとまらない場合には、家庭裁判所は審判手続に移って遺産分割の審判(判決のようなもの)を出してくれます。

まとまらないときは家庭裁判所の調停へ

遺言書が優先

遺産分割協議が終わってから遺言書が見つかる場合があります。遺品整理は後でゆっくり進むことが多いからです。

この場合、遺言内容と違う内容で相続していれば、その違う部分は無効になるのが原則ですが、相続人と受遺者全員がその遺言内容を無視してよいという合意ができれば、その合意が優先されます。

1人でも異議が出た場合はやり直しになります。

負債の引継ぎ

相続では、借金なども相続しなければなりません。遺産分割協議で債務については誰々が引き継ぐと決めた場合、相続人の間では有効ですが、その合意は債権者を拘束しません。債務者は法定相続分で各相続人に請求することができます。

相続放棄

借金が財産より多い時は、相続を放棄することで借金の相続を逃れることができます。

相続放棄

相続放棄すると相続権が次順位に移ります。ただし、はじめから相続人ではなかったことになるので、代襲相続は起こりません。

借金等と関係なく、別の理由(他の相続人に多く渡してあげたいなど)で「自分はいらない」ということができます。これも広い意味では相続放棄ですが、通常は家庭裁判所に手続きせず、遺産分割協議の中で行います。