訪問介護

トップページ社会保障制度の知識介護について居宅サービスの種類>このページ

訪問介護とは

ヘルパーさんなどの介護の有資格者が、要介護者等の自宅を訪問して、入浴・排せつ・食事等の介護、調理・洗濯・掃除等の家事、生活等に関する相談・助言等の必要な日常生活の世話を行います。

ただし、生活援助中心型の訪問介護は、要介護者等が一人暮らしのため、または同居家族等の障害・疾病等のため、自ら行うことが困難な家事で要介護者等の日常生活上必要なものに限られます。

サービスは、利用者の日常生活全般の状況や希望をふまえ、サービスの目標と具体的内容等を定めたケアプランに基づいて行われます。 ケアプラン作成の過程で負担すべきサービス料が示されます。

「深夜や日曜日にも訪問介護サービスを受けたいと思いますが、来てくれますか。」

「原則として何時でも来てもらうことができます。ただし、訪問介護の事業者によって営業日や営業時間が違うので、担当のケアマネージャーに相談してくださ い。また、夜間・深夜・早朝の時間帯は料金の加算があります。サービスの利用を開始する時間によって料金が違うので、これもケアマネジャーにご相談してく ださい。」

訪問介護ヘルパーさんに、時間いっぱいなんでもやってもらおうと考える人もいますが、訪問介護ヘルパーができることできないことがあるので理解が必要です。
訪問介護ヘルパーさんに頼めること頼めないこと

介護タクシーも訪問介護に含まれます。
介護タクシー