訪問入浴介護

トップページ社会保障制度の知識介護について居宅サービスの種類>このページ

訪問入浴とは

訪問入浴とは、(原則として)看護師を含めたスタッフが訪問入浴車で自宅を訪問し、介護が必要な人が自宅の部屋で入浴できるサービスです。

家族のサポートだけでは入浴が難しい場合、こうしたサービスを受けることで家族の負担が軽減されます。

要介護認定を受けているのであれば積極的に利用することをおすすめしたいサービスです。まずはケアマネージャー(要支援の場合は地域包括支援センター)に相談してください。

入浴の手順

事前に予約した時間に、浴槽などの設備を搭載した専用車両で自宅を訪問します。家の方で用意しておくべきもの、バスタオルなどは事前に説明があります。

訪問入浴車が到着すると、浴槽などを自宅内に運び入れます。車両の中で入浴させるのではありません。

浴槽は、横になったまま入浴することが可能で、寝たきりの人でも利用できます。看護師が入浴前後に血圧・体温や体調の総合的なチェックを行います。

訪問入浴の所要時間

訪問入浴は、準備から片付けまでを1時間で行っている事業所が大半です。

健康チェックや、脱衣、着衣に要する時間を除いて、実質的に入浴している時間は10分程度が一般的です。

サービスにかかる費用

訪問入浴の費用は「要介護」「要支援(介護予防訪問入浴介護)」で内容が変わるため差があり、また、「全身浴」「部分浴」「清拭」でも変わってきます。費用については、依頼する前に確かめておきましょう。

全身入浴の場合で、1割負担の利用者が負担する分は、1回について1250円です。(平成30年10月段階)