カテゴリー
介護

居宅療養管理指導

トップページ介護について居宅サービスの種類>このページ

居宅療養管理指導とは

居宅療養管理指導とは、医師・歯科医師・薬剤師、栄養士などが医療機関への通院が難しい利用者の自宅に訪問し、療養に必要な管理指導を行うサービスです。

医師・歯科医師が行うのはあくまで指導やアドバイスで、実際の治療は行いません。利用者の健康状態を把握し、介護の仕方を指導します。

【医師・歯科医師による指導】
医師や歯科医師が療養についての指導や助言を行います。

【歯科衛生士による指導】
歯科衛生士が歯科医師の指示に基づき自宅を訪問して口腔ケアを行います。また、飲み込むための機能訓練なども行います。

【薬剤師による指導】
薬剤師が医師の指示を受けて、薬に関する指導や助言を居宅を訪問して行います。

【管理栄養士による指導】
管理栄養士が医師の指示を受けて居宅を訪問し、栄養管理の指導・助言を行います。

【看護師・保健師による指導】
看護師による在宅療養管理指導です。訪問介護を受けている場合は、両方を受けることはできません。

本人負担は一回当たり500円前後と交通費です。詳しくは担当のケアマネジャーにご相談ください。