カテゴリー
介護

有料老人ホーム

トップページ介護について施設サービスの種類>このページ

有料老人ホームとは

有料老人ホームは老人を入居させ、①食事の提供、②介護の提供、③洗濯・掃除等の家事、④健康管理のいずれかのサービスを行っているもので、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)や認知症高齢者グループホーム以外の施設です。

有料老人ホームは、事業主体が社会福祉法人である必要なく、民間事業者も運営していますが、建物の構造設備、施設の管理・運営、サービス、契約内容など、事業全般にわたってさまざまな規制にしたがって設置運営しています。

有料老人ホームの種類

有料老人ホームは、「介護付」「住宅型」「健康型」の3つに大別され、さらに「介護付」については、一般型と外部サービス利用型に分けられます。保証金などの入所一時金が必要になります。

介護付有料老人ホーム(一般型)

介護等のサービスがついた高齢者向けの住居施設です。ホームのケアマネジャーがケアプランを作成し、ホームの職員が介護サービスを実施します。特定施設入居者生活介護という介護保険サービスを利用し、料金は定額です。

介護付有料老人ホーム(外部サービス利用型)

住宅型有料老人ホームと介護付有料老人ホーム(一般型)を合わせた仕組みで運営されます。料金は基本サービス費と利用したサービスごとに発生します。職員が安否確認等を実施し、介護サービスは委託先の介護サービス事業所が提供します。ホームのケアマネジャーがケアプランを作成します。

住宅型有料老人ホーム

生活支援等のサービスがついた高齢者向けの居住施設です。介護が必用になった場合は、系列事業者または外部事業者の在宅介護サービスを利用する形となり、ケアプランに合わせた介護保険サービスを利用し、自己負担額を負担します。

健康型有料老人ホーム

食事等のサービスがついた高齢者向けの住居施設です。介護が必要になった場合は、退去しなければなりません。

ホームでの生活

介護付きの方は、要介護者と介護スタッフの比率は3:1で配置されるのが基準です。施設によっては基準以上で配置されるところもあります。その他の、住宅型などの施設は、施設によって違います。

面会時間には一定の時間制限があります。

飲酒や喫煙は不可のところが多いです。喫煙ルームを設置しているところもあります。

介護度が上がったら

重度の介護状態になっても、住み続けられる施設や、医療ケアに対応する施設がありますが、施設によっては、状態によっては充分な介護サポートが期待できないこともあります。また、医療行為が必要になった場合の対応も施設によります。

施設によって特徴があるので、入居の際には充分に説明を受ける必要があります。