カテゴリー
介護

福祉用具の貸与

トップページ介護について居宅サービスの種類>このページ

福祉用具の貸与とは

介護保険のサービスの一つとして、在宅介護に必要な福祉用具をレンタルするサービスがあります。

月々の利用限度額の範囲内で、実際にかかった費用の1割を自己負担することで利用できます。レンタル料は、用具の種類、事業者によって異なります。貸与価格は、レンタル事業者から提示されますがいわゆる標準価格というものはありません。ケアマネジャーを通して見積もりを取って検討して下さい。

レンタルは在宅介護向けのサービスです。特別養護老人ホームなどの介護保険施設に入居している人は利用できません。また、有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅のなかで特定施設の指定を受けているところは、「特定施設入居者生活介護」という介護保険サービスを利用するので、福祉用具貸与を利用することができません。ただし、有料老人ホーム等によっては介護用ベッドや車いすの利用が利用料に含まれているところもあります。入居の際に確認するようにしましょう。

次の13種類が貸し出しの対象となります。

車いす 要介護2以上

・自走用標準型車いす
・普通型電動車いす
・介助用標準型車いす

車いす付属品 要介護2以上

クッション、電動補助装置等で、車いすと一体的に使用されるものに限る
特殊寝台 サイドレールが取り付けてあるもの、または取付可能なものであって次のいずれかの機能を有するもの
・背部または脚部の傾斜角度を調整できる機能
・床板の高さを無段階に調整できる機能

特殊寝台 要介護2以上

背中や脚の傾き、寝台の高さが調整できるものがあります

特殊寝台付属品 要介護2以上

マットレス、手すり、テーブルなどです

じょく瘡予防用具 要介護2以上

次のいずれかに該当するものに限る
・送風装置または空気圧調整装置を備えた空気マット
・水等によって減圧による体圧分散効果をもつ全身用のマット

体位変換器 要介護2以上

空気パッド等を身体の下に挿入することにより要介護者等の体位を容易に変更できるもの(体位の保持のみを目的とするものを除く)

手すり 要支援1以上

取付に際し工事を伴わないものに限る

スロープ 要支援1以上

段差解消のためのものであって、取付に際し工事を伴わないものに限る

歩行器 要支援1以上

歩行が困難な者の歩行機能を補う機能を有し、移動時に体重を支える構造を有するものであって、次のいずれかに該当するものに限る
・車輪を有するものは、体の前および左右を囲むとって等を有するもの
・四脚を有するものは、上肢で保持して移動させることが可能なもの

歩行補助つえ 要支援1以上

松葉づえ、カナディアン・クラッチ、ロフストランド・クラッチおよび多点杖に限る

認知症性老人徘徊感知機器 要介護2以上

認知症性老人が屋外へ出ようとしたとき等、センサーにより感知し、家族および隣人等へ通報するもの

移動用リフト 要介護2以上

(つり具の部分を除く)床走行式、固定式または据置式であり、かつ、身体をつり上げ、または体重を支える構造を有するものであって、その構造により、自力での移動が困難な者の寝台と車いすとの間等の移動を補助する機能を有するもの(取付けに住宅改修を伴うものを除く)

自動排泄処理装置 要介護4以上

尿と便が自動的に吸引でき、尿や便の経路となる部分が分割できるもの