認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

トップページ社会保障制度の知識介護について地域密着型サービス>このページ

グループホームとは

グループホームとは、認知症の症状があり、生活に困難を抱えた高齢者が、専門スタッフの援助を受けながら共同生活する介護施設です。

家庭に近い環境で、入居者の能力に応じてそれぞれが料理や掃除などの役割を持ちながら、自立した生活を送れるように支援します。

定員数が9名単位の小規模な施設です。

入居の条件

65歳以上の高齢者で、介護保険で要支援2から要介護5までの認定を受けている方で、医師により認知症の診断を受けた方が対象です。

それぞれの能力に応じて料理や掃除といった役割を担うという前提があるので、認知症であっても、ある程度身体状況が良好であることが望まれます。

また、グループホームは、地域密着型サービスの一つなので、施設と同一市区町村に住民票がある方が対象です。

毎月の負担額

グループホームは、介護保険制度上の施設ですが、入居時にかかる保証金などの初期費用は一律の基準がないため、施設により違います。

介護サービス費は、要介護度に応じて違いますが、約3万円とみればよいでしょう。

その他に、食費や居住費、その他の生活費がかかります。これも一概には言えませんが、10万円位が多いようです。