家族信託ってどういう制度?

トップページ>このページ

家族信託とは

信託というのは、財産を信託銀行などに任せ、そこから発生する収益を受け取る仕組みです。

家族信託も同様です。信託銀行は、通常は個人の自宅を信託財産として受託しないため、家族や親戚などに信託の受託者になってもらう仕組みです。

基本的には認知症対策です

自分で自分の財産管理をできなくなってしまった時に備えて、家族の誰かに自分の財産の管理や処分をできる権限を与えておく方式です。

自分が亡くなったときに、未成年の子だけが残るようなケースにも活用されています。

信託契約を結ぶ

委託者となる人(通常は親)と受託者となる人(通常は子の一人)が契約書を交わすことで家族信託がスタートします。

この契約で、委託者、受益者、受託者という当事者が誰であるか、信託の対象とする財産の範囲をどうするか、財産管理の方法をどうするかといった内容を定めます。

注意点

なぜ家族信託を選択するのか、理由について関係者の理解を得る必要があります。

不正を疑われないようにすることも重要です。

例えば、親と子1人の当事者が契約書を作成した場合、他の子が、勝手に自分の都合の良いように作ったという疑念を持たれることがあります。

信託契約を作成する際は、できれば専門家に案の作成を依頼し、作成した信託契約は公証役場で公正証書にするとよいでしょう。

後見との違い

認知症対策としては、任意後見制度の利用がまず考えられます。

成年後見制度

任意後見を利用すると、財産は裁判所の監督下に置かれ財産保全が求められるので、財産の運用という観点では活用しづらくなります。

また、後見がスタートするのは認知症が悪化してからになるのがほとんどですが、家族信託の場合は、まだ元気なうちに信託契約をスタートできるので、資産の管理や運用状況を被相続人が見届けられるメリットがあります。

登記について

信託契約の対象に土地や建物などの不動産が含まれている場合、その名義人を委託者から受託者に移す必要があります。

通常の売買契約は所有権移転の登記ですが、信託の場合には「信託目録」という信託財産の一覧表を作成して登記します。

親戚や友人のリスト

トップページ終活について>このページ

親戚や友人のリストは、エンディングノートの記載事項の一つです。

連絡先をリストアップしましょう

住所録を作っている人は多いですが、それは単なる一覧です。年賀状の束も、交際があったことが分かるだけで、その濃淡は分かりません。

・葬儀に呼びたい人、

・すべてすんだ後に知らせたい人、

・全く知らせたくない人、

いろいろいます。同じではないはずです。

特に遺族にとって必要なのは、亡くなったときに連絡が必要な人のリストです。

記載事項は、氏名と連絡先、自分との関係です。

住所録にマークするだけでもよいのですが、主に葬儀用なので、エンディングノートの方がよいです。

数が多すぎると連絡するのに大変です。この人に連絡すればその関係は大丈夫、という人がいるものです。そのような人を記載します。

遺族の事情で、家族葬など、簡略な葬儀を選択することもあります。そのようなときに備えて「このようなリストを作ったが、あくまでも参考までに作成したものなので、扱いは、そのときの都合により皆に任せます」と書いておくと遺族の負担を減らすことができます。

所属している団体のリストを遺す

トップページ終活について>このページ

団体リストは、エンディングノートへの記載事項の一つです。

所属している団体を列記する

リタイアしてからでも団体に所属していることは多いものです。

老人会などの地域団体、趣味のグループ、同窓会などなど、

それらの加入団体のリストを作ります。

団体名と、連絡方法は必須です。

その場合、いざという時の連絡が必要か、それは誰にすればよいのか、退会の手続きはどうすればよいのか、詳しく記載しておきましょう。

年会費が口座振替になっている場合は、特に手続き方法が大事です。

自分が役員や事務局を引き受けているときは、書類等を自宅に預っていることがあります。どこに関係書類を置いてあるのか、それらは誰に引き渡せばよいのかも記載しましょう。

また、日頃から、そのような書類は一ヶ所にまとめて保管して、できれば箱一つを渡せば済むようにしておきたいものです。

断捨離について

トップページ終活について>このページ

なぜ断捨離するか

自分の先行きが見えてきたところで断捨離を考えるわけですが、自分の考えと現実は一致しません。

せっせと断捨離して、そのあと、長く問題なく生活することもあり得ます。そうすると、捨てたことを後悔するものがでてくるかもしれません。

断捨離は死ぬ準備ではありません。気分を一新したい、もう少しスペースを作りたいと思ったときにやるのがよいでしょう。整理整頓の一つです。

死後のことはあまり考えなくてもよいのでは

高齢者の断捨離は、自分の人生はもうそろそろお終いだろう、と考えたときに始めることが多いようです。自分が亡くなったときに、片づける人に迷惑をかけたくないと思って断捨離を考えるのです。

この点を考えすぎる人もいます。自分が亡くなったあとのことをそんなに心配する必要はありません。ゴミのようなものが多くても少なくても片づける人にとってはそう大きな違いはありません。

確かに、経験からすると、親の持ち物の後始末は大変な作業です。全部捨てるつもりで業者に頼めば楽かもしれませんが、そういう踏ん切りもつかず、一つ一つ自分の目で点検しながら選り分けました。

しばらくの間、他のことができなくなるくらい時間をとられ、腰痛がでるなど体の方も大変でした。

そして結局は捨てるものが多かったのですが、そういう作業を通じて、思い出すことも多く、ゆっくりお別れをすることができたと思っています。

見たことがなかった写真、書いたものなど、いろいろな発見があり、楽しい面もある作業でした。

結論を言えば、断捨離をしておかなければ、後を継ぐ者に迷惑をかける、というのは、ちょっと違うにように思います。

親の持ち物が多少多かろうが、相続全体からすればたいした問題ではありません。

物が多くても、整理がついていなくても、あまり心配する必要はないと思います。

断捨離すべきもの

ゴミ屋敷は困ります。生ごみは断捨離以前の問題です。

家の中に不潔なゴミがたまるようになれば、おそらく認知症が進行しています。自分で片づけるのは無理になった状態です。断捨離どころではありません。

それと、人に見られると恥ずかしいものは、早めに捨てたいものです。

エロ本、エロ画像などのようなもので、隠しているものがあれば早急に処分しましょう。

ID・パスワード

トップページ終活について>このページ

IDやパスワードのリストは、エンディングノートの記載事項の一つです。

パスワード等のリストを作る

パスワードやID等は個人情報のなかでも、漏えいすれば被害を被る可能性が高い、重要な個人情報です。

自分が亡くなったあとに、SNSなどの解約をしてもらいたい、いろいろなサイトの会員になっているが解約してほしい、などの希望があれば、事後の処理をしてくれる人にパスワード等を残しておかなければなりません。

パスワード等をどのようにして残すか

パスワードなどのメモなどを作ったときは、人目にふれることなないように慎重に管理しなければなりません。

ところが、慎重に管理するあまり、亡くなったときに、事後の処理をする人が大変困ることがあります。

パスワード等を紙に書いて、封筒に入れて割り印して机の中に入れておくことが考えられます。

遺言書と間違えられると、検認のために家庭裁判所に持って行かれるかもしれません。かと言って、パスワード在中などと書くのはちょっと危険です。

宛名を書き、「お願いしたいことが書いてあります。死後、または認知が衰えたら開封してください」などと書くのが無難です。

その封筒には日頃から注意を払い、封筒が無くなったり、開けられた可能性がある場合には、速やかにパスワード等を変更した方がよいでしょう。

新しいことを始めることもあるし、やめることもあります。年に一回は点検して最新の情報に書き直しましょう。

パスワード等を使って解約などをする

フェイスブックなどのSNSは、そのままにしておいてもよいのかもしれませんが、閉じてほしいと思うのであれば、事後の処理をする人がログインできるようにしておきたいものです。

銀行口座の暗証番号は、死亡すれば口座が凍結されるので、暗証番号等を残しておく意味はありません。

ネット銀行の場合も死亡時にはログインして処理しないで、カスタマーセンター等に連絡して正規に解約手続きをしなければなりません。

蛇足ですが、他人が預金を引き出すのは法律違反だし、他の相続人ともめることが多いのでお勧めできません。

アマゾンや楽天などのショッピングサイトの退会は、ログインできれば割に簡単にできます。ログインできないと、ちょっと難しくなるでしょう。

記録すべきパスワード等

□ フェイスブックなどSNSのIDとパスワード(仕事で使っているホームページなども含む)
□ アマゾン、楽天などの購入サイトのパスワード
□ その他利用しているネット上でのサービスのIDとパスワード
□ その他いろいろな登録サイトのIDとパスワード。スケジュールを記載した手帳の場所
□ パソコンやスマホ等へのログインのためのパスコード

などなど。