数次相続になったとき

トップページ>相続について>このページ 数次相続とは 父親が亡くなっと思ったら母も後を追うようになくなってしまった。 相続人(相続を受ける人)には高齢者が含まれることが多いので、このようなことは珍しいことではありません。 […]

相続排除について

相続廃除とは 相続欠格ほどではないけれど、非行があり、法定相続人ではあるが相続人になるのにふさわしくない場合に、被相続人からの申し出によって相続権を奪う制度が「相続廃除」です。 相続排除になる場合 次の場合が相続廃除に該 […]

相続欠落について

相続欠格とは 法定の相続人であっても相続ができない場合があります。一つは「相続欠落」です。これは、相続を許すべきでないと考えられる重大な不正・非行をした者に相続させないものです。 相続欠落に当たる場合 次の場合が相続欠格 […]

相続人を確定する

トップページ>相続について>このページ 相続を開始するには誰が相続人であるか確定する必要があります。相続人が誰と誰であるか明らかなようであっても、意外なところに相続人がいるかもしれません。手順通りの調査は欠かせません。 […]

相続人が行方不明の場合

「相続人が連絡が取れない場合や、行方不明で生死がわからない場合はどうすればよいのでしょうか」 相続人がたとえ行方不明であっても、生きている限りは相続の権利を持っているためその人を除いて遺産協議を進めることはできません。 […]