成年後見ってどんな制度?

トップページ>このページ

成年後見制度とは

成年後見制度は、高齢や病気などにより判断能力が低下してしまった人を守るための制度です。

たとえば、判断能力が衰えると、お金の計算ができなくなったり、だまされて高額な商品を買わされてしまうようなことがあります。また、介護保険を利用しようとしても、内容が理解できずどのようなサービスを希望するか意思表示できなくなることもあります。

こうした状態になったとき、家庭裁判所から後見人に指名された人が、本人のために、本人に代わって法律上の判断をできるようにする制度です。

後見人は、本人に代わって法律手続きを行うだけでなく、本人が既に行った契約を取り消すこともできます。

法定後見を始めるには家庭裁判所に申立てをします

あらかじめ後見人を決めておくのが任意後見です

後見だけでなく、保佐、補助もあります

後見人がつくとどう変わるか

成年後見人になれる人

成年後見人の仕事

後見・保佐・補助は法務局に登記されます

後見制度支援信託とは

成年後見人等への報酬

成年後見人・保佐人・補助人には報酬を払う必要があります。

家族が成年後見人等になったときは無報酬でやることもありますが、弁護士、司法書士等の専門職が後見人等になったときは報酬は必要です。

報酬は、月額数万円からです。管理財産額によって家庭裁判所が金額を決めます。

親族が後見人で管理財産額が多いときは、成年後見監督人・保佐監督人・補助監督人が選任されることがあります。その場合は、監督人への報酬もかかります。

成年後見人等が、後見等を行なうために要した費用は経費として本人の財産から支出することができます。支出は記録し、他の報告書とともに家庭裁判所へ提出しなければなりません。